EMO,
2020年10月23日(金)—11月13日(金)
UP SIDE DOWN Gallery (東京)





















EMO.

光や空気に包まれた、いつもの街並みに、心を動かされることがあるように、ほんの少しの捉え方や、思い込みを変えれば、何気ないことも、全く違って見えることがある。

ネットの検索数や、SNSのフォロアー数が、大きな力を持っている今日だけど、ハラリという人の本に、自然に広がる噂話の大きさは、せいぜい多くても150人くらいが限界だと書いてあって、あまりオープンにやっていない自分のインスタのフォロアー数も、大体そのような数字になっていて、笑い話ながら、この統計が、妙に身に染みて感じている。

人は「耳で物を見る」種族のようで、空想やフィクションを共感できる能力に長けているからこそ、その延長線上に今日を築けたとも、その本には書いてあった。情報や噂で、人間社会ができていることを、はっきり言い始めた人が、やっと出てきて、誰かの言葉を鵜呑みにしすぎていた傾向に、疑いや、少し自分自身の意見を持つくらい、私たちの物事の見方に変化が起これば、きっともっと面白いのではないか、とも思った。

もちろん、目に映るものが全て真実というわけではないだろうし、虚構も重要な私たちの要素なのだけど、これだけ世界が一つになったように思えても、私たちが、共有できていない感覚や価値観が、まだまだたくさんあって、そういう無自覚な部分の無意識な伝播が、今日の争いや失敗の一因にもなっていることを、私たち自身、もっと気付いていくべきなのかもしれない。

今回、逆さまのギャラリーという名前の、UP SIDE DOWN Galleryは、こんな世界を反転して見てみるのには、うってつけの場所で、誰かの言葉だけに動かされるのではなくて、ちゃんと自分の目で見て捉えた、目の前にある物を、良いと思えたり、好きと言えるような、当たり前を考える、そんな細やかな機会になることができれば嬉しい。

2020年10月 門田光雅

+++

EMO.

This was a collaborative exhibition held at “UPSIDE DOWN Gallery”, a brand new gallery space in Tokyo started by the fashion brand “Ms. REIKO”. Despite their differences in genre, I envisioned an exhibition where fashion and visual art could traverse boundaries to share moving, emotional moments together, and in turn produce fresh values and perspectives. This was also my first time taking on the challenge of painting on clothing instead of canvas.

×