絵画のミカタ
2020年6月27日(土)―8月23日(日)
群馬県立近代美術館(群馬)













絵画のミカタ


この展覧会では、いつもとは少し違った視点から当館収蔵の絵画作品を紹介するため、現代作家5人の作品と、彼らが当館の収蔵作品から選び出した作品を、併せて展示します。
5人は同じ絵画という表現分野において制作活動を続ける作家ですが、彼らが絵画に向き合う理由は様々です。牛嶋直子にとっては画面に描くモチーフや表現方法の探求であり、門田光雅にとっては絵具の質感や筆の動きと色彩との関係性の模索と言えるでしょう。さらに鬼頭健吾は絵具とカンヴァスという制約から逃れあらゆる既製品を使って色と形を表現し、逆に原游は木枠に張られたカンヴァス上に置かれた絵具という絵画の物質としての側面に着目します。そして佐藤万絵子は、そうした物質からイメージが立ち上がる瞬間をとらえ絵画の始原に迫ろうと、空間全体に作品を展開します。
5人のアーティストには、自らの言葉で、それぞれの作品を選んだ理由や着眼点を語ってもらいます。日々絵画と向き合うアーティストの見方、感じ方を知ることで、さらに多様性に満ちた奥深い絵画の魅力がひらけてくるでしょう。

+++

Looking at Pictures

A group show of five contemporary painters, this special exhibit asked of both the artist and the audience to pay attention to the work even more deeply. The works I chose to exhibit here were centered around the search for a relationship between the texture of the paint and the movement of the brush and color. Again, my work was paired with a classic piece both as a reference of the lineage of painting but also as something for contrast, as a way to illustrate the shift in dynamic, process, and expression over time.

×